金貨の価値とは

様々な物品の価値は、私達が予想しているその価値よりも、もっと少なかったり、大きかったりします。それらの価値を見極めることは簡単ではありません。その物品の価値を見極める資格を有している人でさえ、それを見たときに、その価値に関して測りかねることがあります。そのくらい、ものの『価値』と言うものは、その時代、時勢、状勢、時代の流れに伴って大きく変化していくのです。そのくらい価値が流動し易いものであり、そこには私達誰もが計り知れないような価値が付加されていることがあります。

そして、その価値を知って、それに『投資』する人もいます。私たちには、大切な『コレクション』のようなものがあるかもしれません。もしかするとそれは、生活には必需なものではなく、あくまで趣味の範囲でコレクションしているようなものが多いかもしれません。しかしそれがたとえ生活に必需なものではないとしても、自分はそれに『相応の価値を見出している』ので、対象に投資することに関しては、躊躇がないかもしれません。

そのようにして、この世界には私達の知らないところで大きな価値が見出され、そして高値で取引されているものがあります。そしてその一つが、『金貨』です。皆さんは本物の金貨をご覧になったことがおありでしょうか。ほとんどないという方の方が多いかもしれませんが、世界では特定の国が発行した金貨などが、私達が予想できないほど高価に取引されている、ということがあります。