金貨での投資

金取引について考える際に覚えておきたいのは、金貨以外にも高値で取引されるものがあるという点です。これは、いわゆる『投資』という行為とも関係しています。基本的に、カナダのメープルリーフ金貨含め、造幣局が発行している金貨は少額からでも投資を行うことができます。

それらの投資に関しては、いわゆる『株式投資』とも似ていますが、その他に『ETF』や『ゴールドバー(延べ棒)』が投資対象として用いられます。これらに投資を行うことによって、その価値がより高まったときに、利益を生み出すことができます。この中でも特に金貨投資は、より少額から行うことができる投資方法として注目することができるでしょう。

もちろん、それこそコレクションという形式や、プレゼントとして美しい金貨を用いる人もいます。それは第三者からでも価値が認可されるものですので、持っているだけで嬉しくなるかもしれませんね。

このような資産を保有しているということは、それらの価値を保障されている限りは価値を見出すことができますので、それは『私達だけが』価値を見出しているようなものではなく、市場において、はっきりと価値が見出されているもの、ということができます。